トップで掌屈が出来ない良くある理由3つ【キャンバスゴルフCh】

トップで掌屈が出来ない良くある理由3つ【キャンバスゴルフCh】

今回はよく「出前持ち」なんて言われてきたトップでの手首の形についてお話します。この出前持ち(掌屈)が良いされる理由は何故なのか?また、なぜできないのかを簡単に解説してみました!

『キャンバスゴルフ』ではとにかく丁寧に、あまり時間に縛られずにレッスンを行え、体のことや、道具、力学的な要素を総合的に考えてわかりやすく伝えます。
今回は『トップで掌屈が出来ない良くある理由3つ』についてのゴルフレッスン動画です。

【アッキー永井のプロフィール】

1987年神奈川県横浜生まれ。
高校時代をアメリカで過ごし、ゴルフに出会う。
以来ゴルフに没頭し続け3年程度でシングルプレーヤーになったものの、
部活の後輩に教えはじめたのをキッカケに、教えることの楽しさに魅力を感じ始めてしまう。

1度は一般企業に就職するも、ゴルフへの熱が冷めず結局ゴルフ業界へ。
現在はアメリカにあるゴルフアカデミーのエージェントをしながらゴルフコーチをしている。
レッスンで心掛けているのは「熱く丁寧にそして楽しく!」です。
プライベートレッスン承ります!

今はレッスンのみならず、ゴルフの面白さを伝えるためなら何でもやってみようと思っています。
とにかくやれることからやってみよう!新しいこと日々挑戦、分からないこと日々研究!

シェアする

フォローする