当てに行くゴルフを卒業する2つのポイントとは?振り抜くスイングを身につけるべき理由~青山加織【ゴルファボ】

スポンサーリンク

当てに行くゴルフを卒業する2つのポイントとは?振り抜くスイングを身につけるべき理由~青山加織【ゴルファボ】

ボールに当てにいくのは絶対NG!当てにいくスイングとは、上半身だけが突っ込んで下半身が動いていない動きのことを言います。その結果、左肘が抜けたり、フィニッシュがうまく取れない傾向があります。

青山プロがおすすめするのは次の2ポイント
①インパクトゾーンを作らない 
インパクトゾーンを意識して注視してしまうと上半身が突っ込んでしまうので目だけボールを見ましょう

②体はフィニッシュだけを考える
目はボールに設定したまま、体は一気にフィニッシュまで振り切りましょう。ゆっくりではなく出来る限り早く最速で体を回して振り切ってください。

当てるという意識をなくすためにとても効果的です!

今回は『当てに行くゴルフを卒業する2つのポイントとは?振り抜くスイングを身につけるべき理由~青山加織』をお送りします!

ゴルファボはプロのレッスン動画を中心としたゴルフ上達メディアサイトです。

人気・実績のあるプロゴルファーによる独自の理論やおすすめの練習法を随時配信!初心者からシングルまで、すべてのゴルファーが楽しめるコンテンツが満載です。

動画は各テーマごとに分けられいるので「知りたい!学びたい!」がすぐに見つかります。

前回のゴルフレッスン動画もチェック!
【距離別】サンドウェッジ(SW)攻略法!5~50ヤードを打ち分けるための打ち方のコツ~青山加織【ゴルファボ】
【距離別】サンドウェッジ(SW)攻略法!5~50ヤードを打ち分けるための打ち方のコツ~青山加織【ゴルファボ】 サンドウェッジをもっとうまく打つための打ち方のコツをご紹介します!短い距離になればなるほど足幅は狭く、体重は左足にか...

コメント

タイトルとURLをコピーしました