【左肘の引け対策】フォロースルーで肘が引けてしまう人に共通するポイントと改善法【ゴルファボ】

スポンサーリンク

【左肘の引け対策】フォロースルーで肘が引けてしまう人に共通するポイントと改善法【ゴルファボ】

左肘が引けてしまう原因の一つに「右手が強すぎる」ことが挙げられます。右手が強すぎるとインパクトにかけて左腕を追い越した結果左肘が曲がってしまう原因になります。

おすすめの改善法として、右手の人差指と親指を外したまま素振りをしてみましょう。右手がうまくつかえない状態でクラブを振るため、左肘の引けが必ずなくなります。

もっと実感したい方は右手人差し指と親指だけでクラブをつまんだまま振ってみてください。左肘の伸びた大きなフォローになるでしょう。

イメージがつかめてきたら感覚をもったまま両手で素振りしてみてください。

今回は『【左肘の引け対策】フォロースルーで肘が引けてしまう人に共通するポイントと改善法』をお送りします!

グリップが細いと手が返りやすくなるのでボールが左に飛びやすくなります。反対にグリップが太いと手が返りにくく、面で打つようなイメージがつかみやすくなるのでボールが左に飛びにくくなります。

プロゴルファーの多くは左へのミスを嫌がるので、太めにセッティングしている方も多いようです。自分の弾道傾向に合わせて太さを調整するのももちろんですが、指が長い方や、背の大きい方など手の中でグリップがブレる感覚がある方は、ぜひグリップの調整を検討してみてください。

自分にあったグリップの太さを使用できるとショットの精度が大きく上がるだけでなく、マメができるなどの痛い思いを回避できる可能性があります。

前回のゴルフレッスン動画もチェック!
グリップの太さで球筋は変わる!あなたに最適なグリップの太さの見つけ方とは?~酒井南雄人【ゴルファボ】
グリップの太さで球筋は変わる!あなたに最適なグリップの太さの見つけ方とは?~酒井南雄人【ゴルファボ】 人気ツアープロ青山加織が実際にラウンドしながら、スコアメイクのコツやコースならではの打ち方のポイントを解説いたします! ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました