【方向性UP】コントロールショットが打てない人必見!ミスショットしない打ち方・体の使い方のコツ【ゴルファボ】

スポンサーリンク

【方向性UP】コントロールショットが打てない人必見!ミスショットしない打ち方・体の使い方のコツ【ゴルファボ】

方向性を重視したいときに使いたいコントロールショット。糸を引いたようなライン出しができれば絶対に失敗したくないシーンや確実に狙いたいときに重宝します。打ち方としてはスイング幅を減らしてハーフショット、クウォーターショットにするのですが…

安定性を出すために振り幅を減らしたコントロールショットが、ダフったりトップしたりするゴルファーも多いのではないでしょうか?

その原因は、回転にあります。スイング幅を調整しても「肩」はしっかり回さなければいけません。同様にダウンスイングでもしっかり「腰」を回転させる必要があります。手だけで振り幅を作ってしまうとミス率が大きく上がってしまいます。

今回は『【方向性UP】コントロールショットが打てない人必見!ミスショットしない打ち方・体の使い方のコツ』をお送りします!

ゴルファボはプロのレッスン動画を中心としたゴルフ上達メディアサイトです。

人気・実績のあるプロゴルファーによる独自の理論やおすすめの練習法を随時配信!初心者からシングルまで、すべてのゴルファーが楽しめるコンテンツが満載です。
動画は各テーマごとに分けられいるので「知りたい!学びたい!」がすぐに見つかります。

前回のゴルフレッスン動画もチェック!
3番ウッド「スプーン」が得意になる!”左足の位置”だけでダフリ・トップを防ぐ打ち方のコツ【ゴルファボ】
3番ウッド「スプーン」が得意になる!”左足の位置”だけでダフリ・トップを防ぐ打ち方のコツ【ゴルファボ】 3番ウッドが難しい理由は、アイアンのようなダウンブローでもない、ドライバーのようなアッパーブローでもない、払い打つようなイ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました