バックスイングの右脇「開けるべき?締めるべき?」右腕の正しい使い方【ゴルファボ】

スポンサーリンク

バックスイングの右脇「開けるべき?締めるべき?」右腕の正しい使い方【ゴルファボ】

右脇が締まりすぎている(曲がりすぎている)と、スイング軌道が小さくなってしまい、その結果飛距離がでません。大きな軌道で振るためには右肘を伸ばしてクラブと体の間にスペースを作る必要があります。

スイング軌道が大きくなるとインパクトゾーンが長くなり、分厚く強いスイングを再現性高く作ることができます。

まずは振り子のように左右に力みを抜いて振ってみましょう。惰性でクラブが上がる位置が理想のポイント。腕を使いすぎずに上げることで、右脇の締り過ぎを防ぐことができます。

今回は『バックスイングの右脇「開けるべき?締めるべき?」右腕の正しい使い方』をお送りします!

ゴルファボはプロのレッスン動画を中心としたゴルフ上達メディアサイトです。

人気・実績のあるプロゴルファーによる独自の理論やおすすめの練習法を随時配信!初心者からシングルまで、すべてのゴルファーが楽しめるコンテンツが満載です。
動画は各テーマごとに分けられいるので「知りたい!学びたい!」がすぐに見つかります。

前回のゴルフレッスン動画もチェック!
グリップの力加減どれくらいが正解?正しい握り方とグリップ圧を解説【ゴルファボ】
グリップの力加減どれくらいが正解?正しい握り方とグリップ圧を解説【ゴルファボ】 グリップはどれくらいの力で握ればいいの?そんな質問にお答えします!とにかく注意すべきは左手の小指・薬指・中指。指に隙間ができないようにしっかりとフ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました